MENU

Githubで利用する2つ目のsshキーを追加する方法

Githubにsshキーを登録する方法の基本は下記リンクを参照。ここでは仕事用やプライベート用などで使い分けたい場合についての説明になります。

目次

別のファイルを作成

sshキーのオプションにファイル名を追加して作成する

ssh-keygen -t rsa -C comment -f ここに作成したいファイル名

configファイルへの追記

仕事用で使う場合「.work」をつけることで差別化します。

#新しく追加するキー
Host github.com.work # ここが変わる
  HostName github.com
  IdentityFile ~/.ssh/新しいキーの名前 # ここが変わる
  User git

# 以下は比較用。普通に設定していれば下記のようになっているはず
Host github.com
  HostName github.com
  IdentityFile ~/.ssh/id_rsa
  User git

sshキーの接続確認

基本的にHost部分に変更が加わります

ssh -T git@github.com.work

プロジェクトをクローンしたりする場合

通常だとgit@github.comになっているところがgit@github.com.workになるだけで、ほかは変わりません。

git clone git@github.com.work:以下リポジトリ名など
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる