MENU

流体・液体のパーティクル作成とその表現【Unity+ShaderGraph】

目次

プロジェクトとパーティクル作成

液体は、粒つぶを動かして流体っぽく見え方を加工します。必要なプロジェクトやオブジェクトを準備しましょう

プロジェクトテンプレート

テンプレートは2D-URPを選択。

土台になるオブジェクト

まずは流体が流れそうなオブジェクトを作成してください。2D Object>Sprites>Squareのスケールや回転を利用して、それっぽい形にしてください。普通のコップ型とかでもいいですよ。また、各オブジェクトにはBoxCollider2Dを追加してください。

パーティクルの準備

この時点で用意するパーティクルは、仮状態のものになります。

2D Object>Sprites>Circleを追加、色を水色っぽくして雰囲気を出しましょう(LiquidParticle)。

スケールは入れ物の大きさに合わせて小さくしておきます。プレファブを利用することで、後で調整可能です。

CircleCollider2D、Rigidbody2Dを付けて、一度動かしてみてください。ちゃんとごろごろ転がっていれば成功です。

Physics Material 2D:液体用

プロジェクトビューにCreate>2D>Physics Material 2Dを作成します(WaterPhysicsMaterial)。

これは、液体の粘性などに合わせて調整する必要がありますが、今回はすべすべにしておきたいのでFrictionを0とします。

作成が出来たら、RiquidParticle>Rigidbody2Dにセットを行います。ついでに回転によって減速を行わせないようにするため、Angular Drag:0にしておきます。

液体を増やして動かしてみる

LiquidParticleをプレファブ化します。プレファブになったら、下の動画を参考にたくさん複製して見てください。ゲームを動かすとダバーっと流れたらここまでの作業は順調です。

レンダリング調整

今のままでは当然隙間が見えたり、液体っぽくはないですね。ここからは液体のみを映すカメラを用意してたりしながら、LiquidParticleを液体に見せていきます。

FluidCameraの設定

STEP
レイヤー:Fluidを追加

レイヤーを新しく追加します。番号はどこでも大丈夫です。追加するレイヤー名は「Fluids」

プレファブのLiquidParticleのレイヤーをFluidsに変更します。

STEP
メインカメラを複製:FluidCamera

ゲームで利用しているカメラを複製し、名前をFluidCameraとします。

メインカメラとFluidCameraは以下の設定を適応する必要があります。FluidCameraについているAudioListenerも外しておいた方が良いです。

カメラ設定
MainCameraTag:MainCamera(そのまま)
Culling Mask : Fluids以外
FluidCameraTag:Untagged
Culling Mask : Fluidsのみ
STEP
Render Textureを作成

流体を投影するためのテクスチャを作成します(FluidRenderTexture)。

FluidRenderTextureはデフォルトの設定のままでOKです

STEP
FluidCameraにテクスチャをセット

FluidCameraのOutput Textureに先程作ったFluidRenderTextureをセットします。

STEP
FluidViewMaterialを作成

RenderTextureに投影されたものを表示するためのマテリアルを用意します。

シェーダーはUniversal Render Pipeline/2D/Sprite-Lit-Default

DiffuseにFluidRenderTextureをセット

STEP
Quad:FluidViewを作成

FluidCameraの子供に3D Object>Quadを作成します。

位置は(0,0,15)としてカメラの正面になるようにします。

ScaleはFluidCameraのサイズによって変化。Sizeが5の場合はカメラ視点の中心から上端まで5の長さになるため、Quadの大きさは10になります。また、マテリアルを先程作ったFluidViewマテリアルにします。

一旦動かしてみる

この時点だと、あまり変化してないですね。流体部分がぼやけて写っていて、むしろ変になっているまである。それでいい!

FluidShaderの作成

RenderTargetに写っているテクスチャーをいい感じに仕上げるためのShaderGraphを作成します。

ShaderGraph作成

Create>Shader Graph>URP>Sprite Unlit Shader Graphを作成します(FluidShader)。

シェーダーグラフは以下。詳細見たい場合はこちらも利用してみてください(Miroのリンク)。

変数

変数名初期値
RenderTextureTextureFluidRenderTexture
ThicknessFloat0.3
ColorColor流体の色
青っぽくしておく

Shaderの適応

FluidViewのシェーダーを作成したFluidShaderに変更してください。色とか数値がおかしくなっている場合、一度下図と同じ様に合わせてみてください。

少し試す

この状態でゲームを動かして見ましょう。流体が密集している状態でTicknessを変化させると、少し隙間が埋まりますが、まだ足りないですね。

LiquidParticleを修正

パーティクルの画像をこちらの画像に変更してください。この下に画像あります・・・

この上にパーティクル画像

Particleの画像が変更できたら、Scaleを1に戻し、CircleCollider2DのRadiusを下図と同じぐらいになるように調整してください。粒の大きさ感にかかわるところなので、ここはこの後もいじることになると思います。まずはサクッとやるのがよろしいかと!

動かしてみる

若干スライムっぽい感じになってますが、それっぽくなってくれました

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる